不妊治療先となるクリニックの選び方|夢の妊娠を実現

看護師

十分に気をつける

お腹

臨月を迎えた女性のお腹は大きく出てきます。日々の生活の中で不便が生じるものですが、やがて赤ちゃんと対面できるという嬉しさもこみ上げてくるものです。普段の生活習慣には十分に気をつけて、元気な出産を望む為の対策を施しておきましょう。臨月になると、予定日を設けられているものの、出産というタイミングをいつ迎えるかは誰にもわからないものです。その為、いつ出産になっても大丈夫なように入院の準備をしておくことです。また、いつでも病院へ行けるように自宅との距離が近いところを選んでおくことが大切です。

また、食事面においても注意が必要です。これまで赤ちゃんがお腹の上部にいた為にお腹いっぱいご飯を食べることができましたが、臨月になると赤ちゃんの位置は徐々に下がっていきます。そうするとこれまで以上に食事がしやすくなりますが、お腹いっぱい食べることは禁物です。妊娠中は妊娠前と比較して体重が増えることはもちろんですが、脂肪による体重増加は避けたいところです。その理由は、妊婦が太ることによって産道が狭くなる可能性があるからです。お腹にいる赤ちゃんは、人生最初の難関となる産道をくぐり抜けて出産となりますが、ただでさえその産道からの圧力は大きいものです。そこに脂肪という圧力が加わると、赤ちゃんに掛かる負担が相当大きくなるでしょう。出産をスムーズにする為にも、臨月なってからも食事の量を取りすぎることのないよう気をつけて、医者が提示する体重を守り続けることです。