不妊治療先となるクリニックの選び方|夢の妊娠を実現

看護師

胎児に必要な栄養

妊婦

女性は妊娠すると胎児と過ごす時間が生まれます。その間に摂取した栄養素は全て、胎児の元にも吸収されていくので、食事には十分に気を配るべきだと言えるでしょう。その際になるべくなら避けるべき食材として白いものが挙げられます。私達の身の回りには白いものがたくさん溢れているでしょう。日本人の主食となるお米も精製されることで真っ白になります。街のパン屋にはまっしろの食パンが並んでおり、砂糖は白砂糖が主流になっています。精製されたものが全て悪いということではありませんが、精製されないことによってたくさんのミネラルを摂取できます。ご飯であれば玄米、パンであれば雑穀パン、砂糖であれば黒糖を選ぶといいでしょう。妊娠中の食事に生物は基本的に禁止とされていますが、それ以外にもこうした食材に目を向けてメニューを考えてみることです。

妊娠中の女性は、体に有害なものを加えると胎児に影響を与えてしまう可能性があることから喫煙と飲酒も避けるべきです。ホルモンバランスの変化によって便秘に陥りやすくなるので、キャベツやレタスなど食物繊維がたっぷり含まれている食材を意識することも重要です。食事は毎日の習慣になるので、妊娠中に摂るべき栄養素とそうでないものをしっかり把握してから自炊、外食両面において口にするものを選びましょう。栄養素はサプリメントでも手軽に摂取できるものですが、できることなら頼りすぎずに食事から摂ることです。妊娠中は母子の健康を考えることに悩みを抱えるものですが、いざ赤ちゃんと対面できたときにはそれまでの悩みが全て吹き飛ぶことでしょう。